2020年7月3日金曜日

YMCAって会員じゃなくても使えるの?

よく予約の際に聞かれるのが、「YMCAって、会員じゃなくても泊まれるんですか?」という質問。

もちろん、YMCAの会員じゃなくても、ご利用いただくことはできます(YMCA会員だと割引料金でご宿泊いただけますが…)。


そもそも、YMCA会員とは、「YMCAに所属する維持会員、賛助会員、プログラム参加会員、学生、保育園児等のこと」とされており、富士山YMCAの事業・プログラムを含むYMCAの様々な事業・プログラム、YMCAの行う国内・国外でのボランティア活動(「国際地域活動」と言われます)、総じて「YMCA運動」全ては、これら会員の皆様の力と支えによって行われています。

富士山YMCAでも、設立から現在にかけて、多くの会員の方の募金・ボランティア活動に支えられています。

「大感謝祭」も多くのボランティアの皆様に協力いただいています

また、YMCAの意思決定も維持会員の中から選ばれた皆様によって行われます。議決権をもつ維持会員(「総会構成員」)が出席して、一般上場企業の「株主総会」と同じような「会員総会」が毎年6月に行われます(今年はコロナウィルスの影響で、オンライン上での開催でした)。

一般に、株式会社は株式を売ることによって得た資金を用いて事業を行い、株主に配当という形で還元をしますが、YMCAは会員の皆様からいただいた会費を用いて事業や国際地域活動を行い、その「収益」(資金性のものとは限りません)は、広く社会に還元するため、配当を会員の皆様に渡すことはありません。
すなわち、会員の皆様は会費を払うことによって「YMCA運動の担い手」となる、一種の「ボランティア活動」として関わっていただいています。

我々スタッフも「YMCA運動の担い手」として、維持会費を支払い、維持会員として議決権をもち、この会員総会に出席をします。

また、各YMCAの拠点ごとの意思決定を行う運営委員会、青少年育成・国際地域協力などの分野ごとの意思決定を行う各委員会、一般企業の「取締役会」にあたる理事・常議員会にも、会員の皆様がボランティアで関わっていただいています。



さて、最初の疑問に戻りますが、「YMCAって、会員じゃなくても泊まれるんですか?」に対する回答は、「会員じゃなくてもご利用になれます」だけではありません。

YMCAでは皆様に、お客様として施設をご利用いただいたり、事業・プログラムに参加をしていただくだけではなく、ゆくゆくは「YMCA運動の担い手」となっていただき、YMCAを通して社会貢献をし、そして、社会がよくなっていくことを目指しています。

ぜひ、ご利用いただく際には、YMCAを現在支えてくださっている会員の方にも心を寄せて、将来的にはYMCAを支える担い手として関わっていただくことを願っています。

夏のプログラムを支えるボランティアリーダーたち

維持会員のご案内ページ→https://www.yokohamaymca.org/facility/sustain/

ボランティア募集ページ→https://www.yokohamaymca.org/staff/